「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2013年11月1日金曜日

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』、iBookstore から「電子書籍化」されました!(2013年10月23日)



拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』 (佐藤けんいち、こう書房 2012)が、アップルの iBookstore で販売開始されました。発行日は 2013年10月23日です。

iPhone、iPad、iPod touch で利用可能ですが、閲覧するには iBooks 3.1 以降と iOS 6.1 以降が必要です。iPad、iPhone (3G 以降)、または iPod touch (第 2 世代以降) でのみ閲覧可能とのことです。


(目次ページ)

基本的に印刷版と電子書籍ではコンテンツそのものは同じですが、読んでみてなにがどう違うか、あるいはどう同じであるか、すでに書籍版をご購入の方もそうでない方も、ぜひ体験してみてください。指をつかって文字を拡大することもできますよ。

価格については、電子書籍版のほうが印刷版よりもお安く設定されてます。

その他の電子書籍販売書店での対応についてはまたご連絡いたします。

近いうちに amazon の kindle(キンドル)でも読めることになりそうです。楽しみですね。

乞うご期待!!!


PS amazon の kindle(キンドル)版は、2013年11月15日にリリース

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012) が、"電子書籍の本命" アマゾンの Kindle(キンドル)版としてリリースされました! を参照いただきたく。



(Kindle版です)


<関連サイト>

iBooksore 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』 (佐藤けんいち)

出版元のこう書房のサイトでは『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』 が、なんと最初の39ページまで無料で閲覧することができます!

話の引き出しが多い人が実践していることとは?(ガジェット通信)



<ブログ内関連記事>

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』が、"電子書籍の本命" アマゾンの Kindle(キンドル)版としてリリースされました!(2013年11月15日)

『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』の出版前の2012年4月に受けたインタビューを再録します

書評 『電子書籍の衝撃-本はいかに崩壊し、いかに復活するか?-』(佐々木俊尚、ディスカヴァー携書、2010)-コンテンツの性格から考える「本」と「雑誌・新聞」との違い
・・「佐々木氏は明確には述べていないが、私見では、電子ブックが普及したとしても、印刷媒体の本がすぐになくなるわけではないし、新しい形での共存が可能なのではないだろうかと考えている」と書いたが、さてどうなるか? 3年後の現在でもまだ決着はついていない。

書評 『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』(ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール、工藤妙子訳、阪急コミュニケーションズ2010)-活版印刷発明以来、駄本は無数に出版されてきたのだ

グラフィック・ノベル 『スティーブ・ジョブズの座禅』 (The Zen of Steve Jobs) が電子書籍として発売予定

書評 『アップル帝国の正体』(五島直義・森川潤、文藝春秋社、2013)-アップルがつくりあげた最強のビジネスモデルの光と影を「末端」である日本から解明

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012) が、2013年8月に台湾で翻訳出版されました!
・・はたして中文繁体字版は電子書籍化されるか?? 台湾と香港だけでなく、亚马逊中国(Amazon China)でも『一個人的策展年代-串聯社群,你需要雜學資料庫-』は入手可能です





(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end