「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2017年10月10日火曜日

JBPress連載第10回目のタイトルは、「解散総選挙は日本の政治制度の“伝統”だった-大義があろうがなかろうが総選挙は民意を反映する」(2017年10月10日)


JBPressの連載コラムの最新コラムが本日公開です。今回で連載開始からめでたく10回目となります。

タイトルは、「解散総選挙は日本の政治制度の“伝統”だった-大義があろうがなかろうが総選挙は民意を反映する」
⇒ ここをクリック http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51266

2018年は1868年の「明治維新革命」から150年目になります。2018年を「明治150年」と捉え直してみると、「戦前」と「戦後」という二分法とは異なる歴史の流れがみえてきます。

日本近現代史は、明治維新以降、連続していると考えるべきでしょう。それが証拠に、1890年に施行された「大日本帝国憲法」のもとでも、衆議院の解散は行われていたのです。

大日本帝国憲法が1890年に施行されてからすでに120年近く。解散総選挙は日本の政治制度の“伝統”だったといっても過言ではないのです。

では、本文をお読みいただきますよう。 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51266


次回の更新は2週間後の10月24日の予定です。お楽しみに。



<ブログ内関連記事>

JBPress連載第2回目のタイトルは、「怒れる若者たち」の反乱-選挙敗北でメイ首相が苦境に、目を離せない英国の動向」(2017年6月20日)

「主権在民」!-日本国憲法発布から64年目にあたる本日(2011年5月3日)に思うこと

「戦後70年」のことし2015年は「日本国憲法」発布から68年になる(2015年5月3日)

『愛と暴力の戦後とその後』 (赤坂真理、講談社現代新書、2014)を読んで、歴史の「断絶」と「連続」について考えてみる

書評 『憲法改正のオモテとウラ』(舛添要一、講談社現代新書、2014)-「立憲主義」の立場から復古主義者たちによる「第二次自民党憲法案」を斬る

「是々非々」(ぜぜひひ)という態度は是(ぜ)か非(ひ)か?-「それとこれとは別問題だ」という冷静な態度をもつ「勇気」が必要だ
・・価値観多様化は「是々非々」の政治的選択を生む




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end