「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2017年9月18日月曜日

写真集 『妖怪の棲む杜 国立市 一橋大学』(伊藤龍也、現代書館、2016)で、ロマネスク風建築にちりばめられた建築家・伊東忠太の「かわいい怪物たち」を楽しむ

(一橋大学の国立キャンパス)


建築家・伊東忠太の代表作といえば、東京は築地本願寺のインド風の寺院建築物ということになうだろう。

ずいぶん昔のことになるが、はじめて築地本願寺を見たとき、ほんとうに不思議な感じがしたものである。浄土真宗のお寺なのに、ぜんぜん日本風ではないからだ。あまりにもエキゾチックな仏教寺院。

(ライトアップした築地本願寺 筆者撮影)

インド風ということでいえば、千葉県市川市の中山法華経寺にもインド風の建造物があるが、こちらはあまり知られていないようだ。日蓮聖人関連の宝物を収蔵した「聖教殿」である。一般的には、日蓮宗のほうがインド風の建造物は似合っているといえよう。

築地本願寺が浄土真宗でありながらインド風の建築物となったのは、大陸に雄飛した大谷光瑞の趣味も反映しているのであろう。

(伊東忠太設計になる中山法華経寺の「聖教殿」 筆者撮影)

伊東忠太が、法隆寺はギリシアのパルテノン神殿のエンタシスの影響にあるという説を打ち出したのは、みずからの3年におよぶユーラシア大陸横断というフィールドワークで得た知見によるものだ。このように、伊東忠太は建築家であると同時に建築史家であり、スケールの大きさはユーラシア大陸を股にかけた調査旅行から生まれてきたのであった。


インド風建築だけが伊東忠太の代表作ではない

だが、インド風建築だけが真骨頂ではない。一橋大学(当時は東京商科大学)のキャンパスにある兼松講堂もまた伊東忠太の代表作の一つである。

テレビドラマのロケでよく使用されるので、見たことがある人も少なくないだろう。直近では、土曜日午後6時からNHK総合でやっていた土曜時代ドラマ『悦ちゃん-昭和駄目パパ恋物語-』の最終回(2017年9月16日)で兼松講堂と図書館と池が使用されていた。主人公を演じたユースケ・サンタマリアの後ろにあるのが「兼松講堂」だ。獅子文六の原作は1936年(昭和11年)なので、時代的にもこの建築物はドラマのはふさわしい。

(ドラマ『悦ちゃん』のテレビ画面より筆者がキャプチャ) 

この建築物は、現在では講堂以外にコンサートホールとしても使用されているが、外観は西欧中世のロマネスク風である。バロックが近代であれば、ゴチックは後期中世、それ以前がロマネスクとなる。

ロマネスクとは文字通りの意味ではローマ風ということになるのだが、じっさいはキリスト教と土着信仰の融合的存在ともいうべきものであり、そのため建築物の外装には多数の怪物たちが彫刻されているのである。


ロマネスク風建築にちりばめられた「怪物たち」は伊東忠太の創作物

写真集『妖怪の棲む杜 国立市 一橋大学』(伊藤龍也、現代書館、2016)は、伊東忠太が愛した「怪物」たち(・・写真家は「妖怪」と表現しているが)に魅せられた写真家による写真集である。

ヨーロッパ中世史を専攻したわたしは、とくに考えることもなく「ガーゴイル」(・・西欧風建築物にある雨樋の上につけられた怪物の彫刻)だろうと思い込んでいたのだが、建築史家の藤森照信氏によれば、伊東忠太が創作した怪物たちも多数混じっているとのことを知った。この点にかんしては、『伊東忠太動物園』(藤森照信=編・文、増田彰久=写真、伊東忠太=絵・文、筑摩書房、1995)を参照するとよい。

ところで、昭和初期の1931年(昭和6年)に来日して、東京商科大学(=一橋大学)の国立キャンパスを訪れた経済学者シュンペーターは、 暖房設備が不備なことをわびた関係者に対して、"University is not a building."(=大学は建物ではない) と英語で語ったという。

大学の学部が市内に散在しているのが当たり前の西欧出身のシュンペーターとしては当たり前の発言であったことだろうが、伊東忠太の建築物のファンからすれば、「いや建築物こそ大学」と言いたいところだ。

建築史という未開の分野を拓いたパイオニアである一方、「化け物」をこよなく愛し、ひたすら妖怪の画を描き続けた伊東忠太。

ひそかに作り込まれた怪物たちは、じっさいに一橋大学の国立キャンパスに足を運んで見るべきだが、この写真集で楽しんでみるのもいいだろう。






<関連サイト>

「怪物の棲む講堂」 - 一橋大学 (藤森照信)
・・建築史家の藤森照信氏による解説は、伊藤忠太への愛に満ちたオマージュ


<ブログ内関連記事>

ここにも伊東忠太設計のインド風建築物がある-25年ぶりに中山法華経寺を参詣(2015年1月20日)

「築地本願寺 パイプオルガン ランチタイムコンサート」にはじめていってみた(2014年12月19日)-インド風の寺院の、日本風の本堂のなかで、西洋風のパイプオルガンの演奏を聴くという摩訶不思議な体験 
・・築地本願寺もまた伊東忠太の設計によるインド風建築物


建築家関係

「信仰と商売の両立」の実践-”建築家” ヴォーリズ
・・メンソレータムの生みの親のヴォーリスは、キリスト教伝道のために日本に来たアメリカ人だが、日本に洋風建築を普及させた人でもある

「ルイス・バラガン邸をたずねる」(ワタリウム美術館)
・・ピンクの色調が特徴のメキシコの建築家

『連戦連敗』(安藤忠雄、東京大学出版会、2001) は、2010年度の「文化勲章」を授与された世界的建築家が、かつて学生たちに向けて語った珠玉のコトバの集成としての一冊でもある

本の紹介 『建築家 安藤忠雄』(安藤忠雄、新潮社、2008)
・・いわずとしれた世界的建築家。ヴォーリズとは対照的に、饒舌な人である




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end

2017年9月12日火曜日

JBPress連載第8回目のタイトルは、「ダイアナ元妃とマザー・テレサの名前の秘密-名前はプロファイリング情報のかたまり」(2017年9月12日)


JBPressの連載コラムの最新コラムが本日公開です。連載開始から8回目となります。

タイトルは、「ダイアナ元妃とマザー・テレサの名前の秘密-名前はプロファイリング情報のかたまり」
⇒ ここをクリック http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51015

英国のダイアナ元妃が交通事故で悲劇的な最期を迎えたのは1997年8月31日のことだった。36歳という若さでの非業の死である。あれからもう20年になる。

ダイアナ元妃の死から1週間もたたない1997年9月5日、インドのカルカッタ(現在はコルコタ)でマザー・テレサが亡くなった。こちらは87歳の大往生。晩年はさまざまな疾患を抱えていたとはいえ、天寿を全うしたといっていいだろう。

ダイアナ元妃の非業の死から1週間もたたずに亡くなったマザー・テレサ。マザーテレサは昨年2016年にカトリック教会で「列聖」され、「コルコタの聖テレサ」となった。文字通り「聖人」となってしまったのである。

だが、ダイアナとテレサの二人には共通点と相違点がある。ダイアナとテレサという女性名にまつわる意味を考えてみよう。

ファミリーネームだけでなく、ファーストネームから読み取れる情報もきわめて多い。名前はプロファイリング情報のかたまりだ。名前から読み取れるものとは何だろうか?

では、本文をお読みいただきますよう。 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51015


次回の更新は2週間後の9月16日の予定です。お楽しみに。







<ブログ内関連記事>

JBPress連載第6回目のタイトルは、「独立から70年!いよいよ始まるインドの時代-舞台はインド、日英米はさらに密接な関係に」(2017年8月15日)

本日よりネットメディアの「JBPress」で「連載」開始です(2017年6月6日)

ダイアナ元妃の悲劇的な事故死(1997年8月31日)から20年-神に愛された人は早死にし、永遠に生き続ける

書評 『マザー・テレサCEO-驚くべきリーダーシップの原則-』(ルーマ・ボース & ルー・ファウスト、近藤邦雄訳、集英社、2012)-ミッション・ビジョン・バリューが重要だ!

アッシジのフランチェスコ (4) マザーテレサとインド

書評 『世界を動かす聖者たち-グローバル時代のカリスマ-』(井田克征、平凡社新書、2014)-現代インドを中心とする南アジアの「聖者」たちに「宗教復興」の具体的な姿を読み取る




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end

2017年9月6日水曜日

「斬首作戦」は韓国軍の特殊部隊が実行すべき作戦-未遂に終わった1971年のキム・イルソン暗殺作戦をテーマにした韓国映画『シルミド』(2003年)を見るべし!

(韓国映画『シルミド』の予告編からキャプチャした画像)


 ここのところ緊張の度合いを増している北朝鮮情勢にかんして、「斬首作戦」の部隊編成を2017年12月1日までに行うと韓国軍部が表明しているが、これはまっとうな話だ。米軍の特殊部隊では北朝鮮侵入作戦は実行不可能。白人や黒人ではすぐにバレてしまう。

情報収集を含め作戦のコントロールは米軍が行うとしても、じっさいに北朝鮮内部に侵入して「斬首作戦」を実行するのは、韓国軍の特殊部隊になるのは当然だ。いわゆる実行部隊である。

韓国にとって「斬首作戦」は初めての作戦ではない朴正熙(パク・チョンヒ)大統領時代の1971年には、特殊部隊による「金日成暗殺作戦」が実行寸前までいっている。金日成(キム・イルソン)はキム・ジョンウンの祖父。当時の最高指導者であった。

作戦のミッションは、「キム・イルソンの首を持って帰ること」(Our mission is to bring back the head of KIM Il-sung.)ターゲットを暗殺して首を持ち帰ること、つまり「斬首作戦」ということになる。上掲のキャプチャ画像を参照。韓国の名優アン・ソンギが演じる特殊部隊の隊長のセリフである。

作戦そのものは直前に中止命令がでて未遂となったのではあるが、現代史の教科書には出てこない。この作戦は、その前に発生した1968年1月に発生した朴正煕(パク・チョンヒ)大統領暗殺未遂事件への報復を意図したものであった。

これは北朝鮮軍による首都ソウル侵入作戦であった。1968年1月21日、北朝鮮軍暗殺隊の31人の兵士が首都ソウルに潜入、韓国大統領府の「青瓦台」(チョンワデ)を囲むところまでいったが未然に発覚し、韓国側との激しい銃撃戦の末、29人が射殺され、1人が自爆したという事件である。



この語られることなく埋もれてた実話をもとに製作されたのが韓国映画の『シルミド』(2003年)。シルミドとは実尾島の韓国読み。この島で「キム・イルソン暗殺作戦」の過酷な訓練が行われていた。

この映画は、日本でも2004年に公開されている。もちろん映画なので事実そのものではなく脚色はあるが、この映画で「斬首作戦」にいたる過酷な訓練のプロセスをシミュレーションしてみるのもいいかもしfれない。

映画の概要については、日本語字幕付きの予告編が YouTube で見当たらないので英語字幕付きの予告編でご覧いただきたい。「斬首作戦」からみの報道で、 『シルミド』について日本のニュース報道でまったく取り上げられないのが不思議だ。

現在の事象も過去の事例を参照すれば、よい広いパースペクティブからものを見ることが可能となる。韓国映画『シルミド』は、エンターテインメント作品として楽しんだらいいだろう。







<ブログ内関連記事>

書評 『朝鮮半島201Z年』(鈴置高史、日本経済新聞出版社、2010)-朝鮮半島問題とはつまるところ中国問題なのである!この近未来シミュレーション小説はファクトベースの「思考実験」

韓国現代史の転換点になった「光州事件」から33年-韓国映画 『光州 5・18』(2007年)を DVD でみて考えたこと(2013年5月18日)

韓国で初の女性大統領誕生-彼女の父親を「同時代」として知っている世代には感慨深い

「ムクゲの花が咲きました」-原爆記念日に思うこと(2012年8月6日)





(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end

2017年9月4日月曜日

「教養」を身につけたかったらリアル書店で無料配布している『岩波文庫解説目録』を熟読せよ!

(最新版の「岩波文庫解説目録」 2017年は岩波文庫創刊90年)

「教養」を身につけたかったらリアル書店で無料配布している『岩波文庫解説目録』を熟読せよ!

『岩波文庫解説目録』。これ一冊を熟読すれば、いわゆる「教養」はかならず身につくはずだ。

岩波文庫は、古今東西の「古典」を網羅しているから、その解説文を読んでいるだけで、その本の概要がわかるのである。

もちろん、「教養」=「知識」と考えればという前提ではあるが、「教養」は「知識」のベースがなければ成り立たない。

岩波文庫をそんなに読んでいなくても問題はない。わたし自身は、中学生の頃から岩波文庫を読むようになったが、『岩浪文庫解説目録』はその頃の愛読書であった。その頃の解説目録は「1975年夏」のもの。手垢で真っ黒になっている(下の写真)。

(かつての「愛読書」 マイコレクションより)

その頃はまだ文庫本ブーム以前の時代で、角川文庫もエンターテインメント路線ではなく、新潮文庫も文芸路線であり、岩波文庫が日本の文庫本のモデルであった。より現代に近い教養路線のものとしては「現代教養文庫」があったが、出版社の社会思想社が倒産したため、いまはもうない

そういう事情もあって、岩波文庫は昭和2年(1927年)の創刊以来90年、日本人にとっての「教養」のベースを提供し続けてくれている。これは版元の岩波書店の「戦後」の政治姿勢とは関係ない、「戦前」から引き継いだ日本人にとっての大きな財産というべきである。

なにごとも是々非々で望むべきである。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」なんていうのは愚か者の戯れ言である。「戦前」の岩波書店と、「戦後」の岩波書店は、連続しているが、不連続の側面もある。

(1977年は岩波文庫創刊50年 マイコレクションより)

その昔、岩波文庫だけでなく角川文庫も新潮文庫も文庫本カバーがなかった時代、文庫本を覆っていたのはパラフィン紙で、その下に帯があった。青・緑・黄・白・赤の色分けの帯は、それぞれ思想・日本近代文学・日本古典文学・社会科学・外国文学に対応していた。岩波文庫は、現在でもカバーに色は反映させている。

その帯には、本の内容が簡潔に記されていた。これは岩波文庫ならではのものであった。角川文庫や新潮文庫の帯には内容要約は記されてなかった。


岩波文庫の場合は、内容紹介は三行で、これがそのまま現在でもカバー表紙に印刷されている。これは読者にとってはじつにありがたいことだ。

ではじっさいにどのような文言が書かれているのか、比較的ここ数年の新刊を中心に紹介しておこう。岩波書店の公式サイトから引用しておこう。


『重力と恩寵』(シモーヌ・ヴェイユ、冨原真弓訳、2017)
https://www.iwanami.co.jp/book/b281715.html 
たとえこの身が汚泥となりはてようと,なにひとつ穢さずにいたい──絶え間なく人間を襲う不幸=重力と,重力によって自らの魂を低めざるをえない人間.善・美・意味から引きはがされた真空状態で,恩寵のみが穢れを免れる道を示す.戦火の中でも,究極の純粋さを志向したヴェイユの深い内省の書.その生の声を伝える雑記帳(カイエ)からの新校訂版.

『物質と記憶』(ベルグソン、熊野純一訳、2015)
https://www.iwanami.co.jp/book/b270887.html 
精神と物質,こころと身体の関係.アポリアと化した〈心身問題〉にベルクソンが挑む.実在論や観念論の枠組みを離れて最初から考え直してみること.そのためには問題の立て方じたいの変更が求められる.身体は生きるために知覚し,精神は純粋記憶のなかで夢みている.生の哲学から見られたときに現れる新たな世界像とは.新訳

『中国中世史』(内藤湖南、2015)
https://www.iwanami.co.jp/book/b270879.html 
日本の東洋学の祖・内藤湖南(1866-1934).彼の時代区分論は日本のみならず世界的な評価を受けている.本書は唐末五代を中世から近世への過渡期とみなすだけでなく,明清時代へと続く近世中国の特質が宋代から元代にかけて形成されたと論じる.具体的な史実に即した平明な叙述のなかに独創的で鋭い洞察に満ちた内藤史学の代表作.(解説・注=徳永洋介)

(カバー表紙に印刷されている文言と目録の文言は若干だが違いがある)


「青」に分類されるものから実例を紹介しておいたが、どうだろうか。いっけん取っつきにくい思想関係の本も、この内容紹介を読めば、なんとなく内容がわかったような気分になるだろう。さらに読んでみようという気になるかもしれない。じつに巧みな内容紹介ではないか!

個々の文庫本の解説については、岩波書店の公式サイトじたいがデータベースとなっているので検索すれば該当箇所を読むことができるのだが、いかんせん、いわゆる「古典」」そのものを前後関係をも含めて全体としてつかみとることには適していない

(「解説目録」よりギリシア哲学のページ)

その意味では、印刷版の小冊子である「解説目録」は有用であるといえよう。しかもリアル書店の店頭では最新版が「無料」で配布されているので、もらっておいて損はない。これは、電子辞書と紙に印刷された辞書との違いにも該当することだ。

『岩浪文庫解説目録』で「教養」を身につける。時代錯誤(?)かもしれないが、ぜひ実践してほしいと思う。







<関連サイト>

岩波文庫創刊90年にあたって――岩波文庫は,これからも進化し続けます (岩波書店公式ウェブサイト)


<ブログ内関連記事>

本の紹介 『阿呆物語 上中下』(グリンメルスハウゼン、望月市恵訳、岩波文庫、1953) ・・旧版のパラフィン紙時代の岩浪文庫はこんな感じ

ビジネスパーソンに「教養」は絶対に不可欠!-歴史・哲学・宗教の素養は自分でものを考えるための基礎の基礎

世の中には「雑学」なんて存在しない!-「雑学」の重要性について逆説的に考えてみる

「生誕130年 橋口五葉展」(千葉市美術館) にいってきた(2011年7月)
・・1927年創刊の岩浪文庫のブックデザインは橋口五葉が担当している

書評 『全体主義と闘った男 河合栄治郎』(湯浅博、産経新聞出版、2016)-左右両翼の全体主義と戦った「戦闘的自由主義者」と戦後につながるその系譜
・・現代教養文庫は河合栄治郎の後継者たちが「戦後」につくった社会思想社が発行していた




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end

2017年9月3日日曜日

書評  『戦争にチャンスを与えよ』(エドワード・ルトワック、奥山真司訳、文春新書、2017)-戦略の「逆説的論理」によって「意図せざる結果」がもたらされる


『戦争にチャンスを与えよ』(エドワード・ルトワック、奥山真司訳、文春新書、2017)を読んだ。この本は、じつに刺激的だ。知的に刺激され活性化することは間違いなし。

 「戦争にチャンスを与えよ」という1999年に発表された英語論文から全体のタイトルが取られている。本書はこの論文の自己解説と、編訳者が著者に行った関連インタビューを一冊にまとめたもの。

 「戦争にチャンスを与えよ」という耳慣れないタイトルについてだが、本書には説明はないが、英語の Give PEACE a chance. の PEACE を WAR に入れ替えたものだろう。Give PEACE a chance.は言うまでもなくジョン・レノンの曲名。

著者の主張は、真の平和を欲するのであれば、戦争の当事者が不完全燃焼にならないように下手な介入はするな、というものだ。介入するなら、戦争相手国が敗戦したあとの戦後復興まで含めてフルコミットせよ、と。

戦争に負けた側は、敗戦後はまずは復興にチカラを注ぐから結果として平和になる。中途半端な停戦となると、お互いが再戦のために準備を注ぐため平和は訪れない。しかし平和がつづくと不感症になり、大丈夫だろうという根拠なき慢心が戦争を誘発する危険を高める。

これが著者のいう戦略の「パラドクシカル・ロジック」(=逆説的論理)というやつだ。戦争が平和をもたらし、平和が戦争をつくりだす。パレスチナ難民のように、難民キャンプでの支援が難民の存在を永続化させてしまうこともある。

この逆説的なロジックは、「意図せざる結果」と言い換えてもいいだろう。良かれと思った行為が、意図と反して逆の結果をもたらすことは、日常でもよく観察されるところだ。

このほか、戦略家の著者による「巨大で不安定な大国である中国」への対応、北朝鮮論への対応策、徳川家康を絶賛した戦国武将論、英国論など、いずれも刺激的で面白い。徳川家康も後期の大英帝国も、その巧みな同盟つくりによって成功したという指摘は重要だ。著者は、同盟は不快で苦痛を伴うものだという指摘も忘れない。日米同盟も同様であろう。

とくに著者の長年の研究テーマであるビザンツ帝国(=東ローマ帝国)の軍事戦略分析から得られる7つの教訓は、もっとも成功した戦略の実例として興味深い。ビザンツ帝国は千年続いた世界最長の帝国である。

全体的にインタビューで構成されているので読みやすいと思う。だが、ここで述べられている発想と思想は、いわゆる「平和愛好家」の神経を逆なでするものであろう。

こんなこと活字にしてしまっていのか(?)といった、現在74歳の著者自身による武闘派的エピソードも披露されているが、著者は象牙の塔のなかの研究者ではなく、つねに実戦的なフィールドに身を置いてきた人である。

おなじ編訳者による『中国4.0-暴発する中華帝国-』(文春新書、2016)とあわせ読むことを薦めたい。






<関連サイト>

Edward Luttwak (Wikipedia英語版
・・こちらは情報量が多いので、ルトワック氏のプロファイルと業績について知るには、英語版を見ておくことが重要





<ブログ内関連記事>

書評 『中国4.0-暴発する中華帝国-』(エドワード・ルトワック、奥山真司訳、文春新書、2016)-中国は「リーマンショック」後の2009年に「3つの間違い」を犯した

「意図せざる結果」という認識をつねに考慮に入れておくことが必要だ
・・どうも中国は、自分の行為がいかなる結果を引き起こすかについての想像力を著しく欠いているようだ。つまり、ルトワック氏のいう「パラドクシカル・ロジック」(=逆説的論理)が分かっ5ていないということ意味している

書評 『知的複眼思考法-誰でも持っている創造力のスイッチ-』(苅谷剛彦、講談社+α文庫、2002 単行本初版 1996) 
・・第4章で「意図せざる結果」についての重要な指摘がある。この本は必読書。

「ストライサンド効果」 (きょうのコトバ) 
・・「インターネット上に公開された情報を、個人や企業が封じ込めようとすればするほど、かえってその情報が拡散してしまうという、「行為の意図せざる結果」がもたらされてしまう現象のこと」

アダム・スミスの 「見えざる手」 は 「神の手」 ではない!-それは 「意図せざる結果」の説明として導入されたものだ




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end