「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2015年7月24日金曜日

ウナギはイール-英単語のなかにウナギ(eel:イール)を探せ!


以前このブログで ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー?? という記事を書いているのだが、ウサギとカタカナで書いてあるのを見ると、どうしてもウサギをウナギと読み違えそうになる(笑)

ウサギを兎と漢字で書いたのでは読みにくいからウサギとカタカナにしたのだが、ウサギとウナギは、カタカナだとよく似ているので混同してしまうのだ。ウナギは鰻と書いてもいいのだが、あまり漢字はつかわないだろう。養鰻業といった表現においてくらいではなかろうか。

というわけで、ウナギについても何か書いておきたいと思っていたのだ。そこで、ウナギはイール(eel)-英単語のなかにウナギを探せ! という記事を書いてみることにした。

日本語のウナギと英語の eel はまったくイコールというわけではない。なぜならニホンウナギとヨーロッパウナギは、おなじウナギであっても種類が違うwikipedia英語版には unagi として項目が立てられているくらいだ。だが、そういった細かい区別は棚においておくこととしよう。

本日(2015年7月24日)は土用丑の日ということでもあるし、記事としてアップするのはちょうどよいだろう。じっさいに英単語を調べてみたのは、しばらく前のことである。


英単語のなかにウナギ(eel)を探せ!

eel(イール: ウナギ)というローマ字三文字を含んだ英語を思いつつ限りあげると以下のようなところだろうか。まずは名詞から。

reel (リール): 線、釣りのリール、フィルム、映画
heel (ヒール): かかと、ヒール
wheel (ホイール): 車輪


reel(線)は細長い線なので、ウナギと形が似ていないわけではない。


(シマノ製のスピニングリール wikipediaより)


ハイヒールの heel(=かかと)は、はたしてウナギと似ているのかどうか???

(heel shoe wikipediaより)

wheel (ホイール)は円形だが、スポークの部分は直線なので、ウナギと形が似ていないわけではない。heel に w をつけたものが wheel だが、とはいっても、やや牽強付会かな・・・。

(自転車の wheel  wikipediaより) 

動詞にも eel を含んだ単語はある。

feel (フィール): 感じる
kneel (ニール): ひざまずく、ひざまずいて祈る
peel (ピール): 皮をむく


感じるの feel、ひざまずく kneel(ニール)は関係なさそうだ。peel (ピール)は、皮をむくという意味だが、一般的に果物が対象だ。だがウナギも皮をはぐので・・・? これは eel という三文字を含んでいるが、意味的な関係はまったくなさそうだ。当たり前といえば当たり前だが・・・。



"eel" は英語としては歴史の長い固有語

そこでいったん視点をかえて、語源を調べてみよう。

eel : Origin Old English ǣl, of Germanic origin; related to Dutch aal and German Aal. (かなり古い英語で、オランダ語やドイツ語とも関連ある)

こんな表現もあった。

slippery as an eel 

「ウナギのようにニュルニュル」、これは日本人にもすぐに理解できる。



"eel" と "eal" は英語では同じ音

単語のなかに eel の三文字を含んだ英単語はほかにもあるはずだが、こういう形で英単語を探す辞書がない

そこで、eel のアタマに一文字つけたら英語になるかどうか試してみた。

Beel という単語があったが、これはベンガル語 
Geel というのはベルギーの都市名
jeel というのは英語だがめったにつかわれない。意味はゼリー
keel 船の竜骨(キール)
leel エリート中のエリート(俗語)
Neel 人名。磁気の研究で知られたフランスの物理学者
seel  調教目的で狩猟用のタカのまぶたを縫う ⇒ 目を閉じる,…を盲目にする
teel ゴマ(sesame)
veel feelに同じ
weel 狩猟用のおとり、漁獲用のやな


eel と eal は音が同じなので、音声に着目してみよう。

appeal アピール
deal  ディール 取引  
heal 癒し
meal 食事
reveal 明らかにする
seal シール、アザラシ
teal マガモなど小型のカモ、カモの羽色
veal  子牛の肉
yield 収穫
zeal 熱狂

yield は、eal ではないが、eel と同じ音なので含めておいた。

ウナギはイール(eel)-英単語のなかにウナギを探せ!というテーマで、いろいろ考えてみたが、なかなか英単語を特定できなかった。結論としては、eel 音は、ウナギとは関係ないということか・・。

同様のことは取り組んでみると面白いですよ。なかなか知的で面白い遊びですから。






<ブログ内関連記事>

ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー??

語源を活用してボキャブラリーを増やせ!-『ヰタ・セクスアリス』 (Vita Sexualis)に学ぶ医学博士・森林太郎の外国語学習法

おもしろ本の紹介 『アフリカにょろり旅』(青山 潤、講談社文庫、2009)-爆笑珍道中、幻のウナギ「ラビアータ」を捕獲せよ!

「地震とナマズ」-ナマズあれこれ
・・ウナギが希少となっている以上、養殖もされているナマズは有望




(2012年7月3日発売の拙著です)












Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end