「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2013年4月19日金曜日

「桜餅のような八重桜」-この表現にピンとくるあなたは関西人!



この写真をみて「桜餅のような八重桜」ということにピンとくる人は、おそらく関西人が多いでしょう。ただ単に、甘味好きや食いしん坊かどうかとは違います。

なぜなら、関西では、桜餅といえば「道明寺」(どうみょうじ)のことを指しているから。関西人が「桜餅」と聞いてアタマのなかで連想するのは間違いなく「道明寺」のことです。

関東でいう「桜餅」は、ドラ焼きのようにアンコを包んだ形態なので、「桜餅のような八重桜」といってもピンとこないかもしれません。

まずは、関西の「桜餅」、言い換えれば「道明寺」について簡単にみておきましょう。まずは下の写真を見てください。


(桜餅道明寺、上方風桜餅 wikipedia日本語版掲載の写真)


どうです、よく似てるでしょう! しかも、見るからにうまそうですね!

おなじく桜の葉を塩漬けにしたものでくるんであっても、関西と関東では真逆といっていいほどの違いがあるのが桜餅です。わたしは道明寺の桜餅のことをいつも無意識に桜餅といっているので、関東ではどうも話が通じないことがあるようなのです。

では、関東の「桜餅」です。


(桜餅長命寺、江戸風桜餅 wikipedia日本語版掲載の写真)


こちらも「桜餅」は「桜餅」ですが、関東の長名寺小麦粉でつくった薄皮であんこをくるんだものです。関西と関東では、同じ桜餅といってもぜんぜん違うものであることがわかると思います。じつは関東の桜餅を「長名寺」ということは今回はじめて知りました。

では、なぜ関西の桜餅は「道明寺」というのでしょうか?

むかしから不思議に思っていましたが、あるとき思い立って調べてみたら答えはきわめて簡単なものでした。答えは、道明寺粉からつくった餅だから道明寺という、というもの。

ではなぜ道明寺粉とは何でしょうか?

道明寺粉とは、もち米を水洗いし水に浸しておいてから蒸し上げ、干して乾燥させたものです。米粉の一種ですね。しかも、もち米のつぶつぶが残っているので、粒あんともあわさって、じつによい食感です。関東の「お汁粉」(しるこ)に対して関西では「ぜんざい」が好まれるのと同じかもしれません。つぶつぶ感といったものでしょう。

「道明寺」というのは大阪の藤井寺市にある真言宗のお寺の名前です。もち米を乾燥させたものを干し飯(=ほしいい)といいますが、その干し飯を荒挽き粉にしたものが道明寺粉というわけです。道明寺粉は千年前から存在するのだそうですが、干し飯といえば 『伊勢物語』の東下りの場面にも登場する「かれいひ」という携帯食です。

では、関西の桜餅と関東の桜餅の境界線はどこにあるのでしょう? 日本では、関西と関東にしか住んだことがないので、その中間のどこかであるのは確かなのですが・・・








<関連サイト>

和菓子ネット(日本全国の和菓子を注文可能)



<ブログ内関連記事>

八重桜は華やかで美しい

『伊勢物語』を21世紀に読む意味

鹿児島産の「ぽんかん」を今年もいただいた
・・わたしがもっとも好きな「かるかん饅頭」について

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。 この山道をゆきし人あり (釋迢空)

「目には青葉 山ほととぎず 初かつを」 -五感をフルに満足させる旬のアイテムが列挙された一句
・・桜の葉っぱ

(2014年6月18日 情報追加)




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end