「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年9月21日水曜日

「木登りネコ」の写真撮影に成功- 『不思議な国のアリス』にでてくるチェシャ・キャットを思い出した


 先日、いま住んでいる地域に生息しているノラネコを追跡していたら、ひじょうに珍しいことに、ネコが木に登ってしまいました。

 「ブタもおだてりゃ木に登る」とはよくいいますが、「ネコも追い立てれば木に登る」とでも言うべきでしょうか(笑)

 目の前から走っていったと思ったら、すぐ近くにあった木にスルスルと登って姿を消してしまいました。反対側に回り込んで木を見上げたら、高さ2.5mくらいの太い枝にネコがいました。キジネコの模様が保護色となって、なかなかネコを識別できないほどでした。

 ノラネコとして生まれ育つと、野生動物の DNA のスイッチが ON になるようですね。

 基本的に「上から目線」が大好きなネコは、高い塀の上などでリラックスしていることが多いですが、木登りネコを目撃したのは、これが生まれて初めてのことでした。しかも写真に撮ることができたのはラッキー。

 上掲の写真は、左がルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』にでてくるチェシャ・キャット、右はうちの近所の「猫町」に生息するキジネコです。ほんとうによく似ていますよね。

 チェシャ・キャットとは、アリスが道をたずねると禅問答のようなことをいって消えてゆく「木登りネコ」のことです。『アリス』に登場する動物や人物と同様、チェシャ・キャットもまた英語の慣用表現から生まれてきた存在ですね。

 もともとイギリス英語の慣用表現に to grin like a Cheshire cat (=チェシャ・キャットのようにニヤニヤ笑う)という表現があって、そこから作者のルイス・キャロルがつくりだしたキャラクターだとか。数学者のキャロルは、コトバ遊びの天才でもあったわけです。

 ただし、じっさいのネコは歯を見せて笑うことはありません。下をペロっと出してみせることはありますが、笑っているのかどうかはわかりません。飼い主やご主人を喜ばしたいという気性にあふれたイヌは、歯をみせて下もだらりと垂らして喜びを全面に表現しますが。

 なお、おなじく『アリス』に登場する「三月ウサギ」(March Hare)のことは、「ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー??」と題してこのブログにも書いてますので、ご興味のある方はどうぞ。 





<読書案内>

『「不思議の国のアリス」の誕生(「知の再発見」双書 73)』(ステファニー・ラヴェット・ストッフル、 高橋 宏訳、創元社、1998)
・・表紙の挿絵は、チェシャキャットに道をたずねるアリス。右下にはホワイト・ラビットも






<ブログ内関連記事>

「ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー??」






(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end