「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年1月19日水曜日

put yourself in their shoes  「相手の立場になって考える」



 put yourself in their shoes という英語の慣用表現がある。「相手の立場になって考える」という意味だ。

 直訳すれば、「あなた自身をかれらの靴のなかに入れよ」となる。きわめて面白い比喩的表現である。

 自分の靴より大きなサイズの靴であればブカブカだろうし、逆に小さなサイズの靴であればきつくて痛くてしょうがない。

 いつもスニーカーしか履かない人が、ハイヒールに履き替える感覚も同じようなものだろうか。といっても男性の私にはよくわかりませんが、それはイマジネーションで補うべきものでしょう。

 むかし帝国陸軍ではこういう話があったということを何度も聞いたことがある。ある新兵が支給された軍靴(ぐんか)について、「この靴は自分には小さすぎるであります」と申し出たことに対して、古参の下士官が、「バカヤロー、天皇陛下からいただいた靴に、自分の足が合わないなどと抜かしおるのかっ。足を靴に合わせろ!」と怒鳴って、有無をいわせずいきなりビンタを食らわせた、と。

 まったくもって理不尽な話である。もちろん、この英語の格言はそれとはまったく意味が違う。
 しかも軍靴(ぐんか)は日本語では靴のカテゴリーだが、英語では military boots なので、シューズではなくブーツである。

 日本でも「相手の立場で考えよ」とは、耳にたこができるほどよく聞かされるアドバイスだが、この英語表現のように具体性を帯びた表現だと、耳できく聴覚にとどまらず、靴という視覚イメージや、足をつうじて感じる触覚まで刺激されるような気がする。場合によっては靴の匂いも??

 こういう身体性をともなった表現は、人間の五感に働きかける刺激度合いが複合的なので、イメージをふくらませやすい。



<ブログ内関連記事>

Eat Your Own Dog Food 「自分のドッグフードを食え」
・・ビジネス格言の英語スラング
       


(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!

 
end