「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年1月2日日曜日

ピーター・ラビット(Peter Rabbit) の絵本




 ウサギといったら、なんといっても世界でもっとも有名なのはピーター・ラビットでしょう。

 ピーター・ラビットの作者は、英国のベアトリクス・ポター(Beatrix Potter:1866~1943)。生物学者を志したものの、女性であるがゆえに夢を断念させられ、動物絵本作家として生涯を過ごした人のようです。

 『ピーター・ラビットのお話』(The Tale of Peter Rabbit)は1902年の発表、いまからもう 99年前のことになりうます。
 日本国著作権法およびアメリカ合衆国著作権法に基づき、著作権の保護期間が満了しているため、パブリックドメイン(public domain)の状態にあるので、安心してここに画像を掲載することができます。

 The Tale of Peter Rabbit とは、 The Tail of Peter Rabbit のことでもあるのでしょうか。ウサギの耳は長いが、ウサギの尻尾(tail)は概して短い。 









 ピーター・ラビットがかじっているのはラディシュ。赤いから、私はずっとニンジンだと思い込んでいたのですが、本文には radish とあります。

 First he ate some lettuces and some French beans; and then he ate some radishes;

 ウサギとニンジンというのは、日本人の固定観念なのかもしれませんね。

 固定観念を外して、フレクシブルに考えて生きる一年にしたいものです。


<関連サイト>

ピータ-・ラビットの絵本(英語)







<ブログ内関連記事>

ウサギは英語でラビット? ヘア? バニー??

ピーター・ラビット(Peter Rabbit) の絵本

「女王陛下のピーター・ラビット」-祝! エリザベス女王即位60周年の The Queen's Diamond Jubilee

バッグス・バニー(Bugs Bunny)-米国アニメのウサギ

ウサギとカメの寓話-卯年は跳躍の年だが油断大敵

卯年の正月にシロネコを見た (2011年)

「木登りネコ」の写真撮影に成功- 『不思議な国のアリス』にでてくるチェシャ・キャットを思い出した

(2014年3月4日、8月9日 項目新設)





(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end